作品ノート (初演時のメッセージ)

『魂の遺伝子』~ヴァイオリンとピアノのための
Gene of the soul for Violin and Piano


【作品について】 

 人間は世代交代が遅く、生物としての遺伝子の進化はゆっくりですが、自分の人生を経て蓄積した記憶を、言葉、楽譜、音、画像などを通して、次の世代の人々に伝えることが出来ます。それは、謂わば魂の遺伝子のようなものです。この作品は、自分の魂に刻まれた命への慈しみを、音を通して若い人達に伝えたいと願い作曲しました。この作品を、初演者の長尾春花さんに捧げます。





ミステリーゾーン” ~舞踊と電子音響のための~      
“Mystery Zone” for Dance and Electronic sound


【作品について】

 この作品の原曲は、2002年にエレクトーンとコンピュータサウンドのために作曲したもので、原曲の初演時は綿島由紀さんが、エレクトーンを担当しました。作品には以下のような隠されたストーリーがあります。清らかな少女(巫女)が、魔界からの使者に誘導され、魔界のドアを開けてしまい、そこに棲む魑魅魍魎(ちみもうりょう)達と、激しいバトルを繰り広げます。しかし、少女の命がけの一撃で、魑魅魍魎達は呻き声を上げて退散し、世界は浄化されます。原曲の初演時はエレクトーン奏者にも少し演技させましたが、今回はそのストーリーの世界を群舞で表現します。魑魅魍魎が住む世界とは、人間の心に内在する闇の世界でもあります。ダンサーたちが、優れた技術と表現力によって、ストーリーを表面的になぞるだけにとどまらず、人の心の中にある光と闇のせめぎ合いを表情豊かに描き出してくれることを期待します。(中島)  2013年2月



『心の森』~ピアノソロのための
Woods of the heart  for Piano solo


【作品について】 

 この作品は、昨年ヴァイオリンとピアノのために作曲した『魂の遺伝子』に続く、音楽による遺書シリーズの第2作目として作曲しました。私自身は、ピアノという楽器を通して自身の内的心象風景を音で表現することを試みたつもりですが、聴く人はそのような予備知識に囚われず、一つの純音楽作品として自由に聴いていただいてよろしいのではないかと考えます。
曲は闘いと怒りを表現した跳躍音程を伴う激しい打鍵による主題と、ゆったりした3拍子を背景に魂の安らぎを求めるような2つ目の主題が交互に出現し、やがてその2つの主題が、あたかも心の葛藤を表すかのように絡み合い、クライマックスを迎えます。
前作と同様、今作の初演者についても、私より半世紀近く後に生まれた、若ピアニストに作品の表現を託すことにいたしました。
この作品を単調にならず、表出力豊かな演奏を行うには、二つの主題のリズムと響きの対比、繊細な音色感、自在で柔軟なテンポ感などが要求されます。若い演奏家にとって、決してハードルは低くはありませんが、山本有紗さんが、優れたテクニックと若々しい鋭敏な感性をもって大胆に作品に挑み、作説得力のある演奏をされることを大いに期待しております。(中島洋一) 2016年10月




オンド・マルトノとピアノのための “青い詩”
"Blue Poem" ~for Ondes Martenot and Piano

【作品について】

 青色は私が最も好きな色ですが、どちらかというと、明るい昼の青空の青より、夜の青の方が好きです。夜の青は、私を内面の世界、幻想の世界に導いてくれます。
 
“オンド・マルトノとピアノのための“青い詩”は、このフランス生まれの電子楽器に、日本人としての私の感性の記憶を紡ぎ出す役割を演じてもらいたいとい想いで作曲しました。青い薄闇の中で、どこからか聴こえる不思議な笛のような音。それが、私が抱いたイメージです。お客様に、西洋の楽器と日本人としての私の感性が融合した世界を、感じていただければ幸いに存じます。
 なお、当初は大幅改定を目指しておりましたが、結果的には原作を僅かに改定したに止めました。オンド・マルトノの演奏は前回に引き続き久保智美さんが担当しますが、ピアノは、私の歌曲作品などの伴奏を通して信頼している神田麻衣さんが、担当します。ともに瑞々しい感性をお持ちの演奏家ですから、新しいコンビでの、どのような音楽を紡ぎ出してくれるか、楽しみにしております。 2017年10月





春風の瞑想”~フルートとピアノのための (
2018)
“Meditation of a spring wind” for Flute and Piano

【作品について】 

  春風は、温かいそよ風となって野に遊ぶ人の肌をやさしく愛撫してくれますが、時には突風となって芽生えたばかりの樹々を激しく揺らします。春風は感じやすい乙女心ように気まぐれです。春風にうたれながら野に佇み、目を瞑り、耳を澄ませていると、風の呟き、葉擦れする梢のささやき、小鳥たちの歌声など、普段はあまり聴こえてこない様々な音が聴こえて来ます。さらに、そのまま目を瞑ったままでいると、昔のこと、最近のことなど人生で遭遇した様々なことが想い出されます。
この作品は、そのような心象風景をイメージして作曲しました。楽想は春風のように気まぐれに表情を変えて行きます。この作品の演奏には、高度の演奏技術と繊細な感性の両方が要求されますが、優れた音楽性を有する、フルートの原田佳菜子さん、ピアノの神田麻衣さんという二人の若い演奏者がこの作品に込められた想いをどのように再現してくれるか、楽しみにしております。 2018年10月






谷川俊太郎詩集『どきん』より

  ① みち 4 /② 海の駅 / ③ おかあさん/ ④ あいうえおうた


作品について

 私が谷川俊太郎の詩に作曲した歌曲としては、詩集『わらべうた』から、7つの詩を選んで作曲した『7つのわらべうた』があり、日本音楽舞踊会議のコンサートでも何度か演奏されておりますが、今回は、1983年に発表された詩集『どきん』から、4つの詩を選んで作曲しました。
 谷川俊太郎の詩の世界は、まるで様々な言葉の星々漂う宇宙のように、多様性に満ちておりますが、今回選んだ詩は、少年期から青年期にかけて、誰しもおそわれる、憧れ、焦燥、不安、喪失感といった心の世界への回帰を感じさせる、[みち 4]、[海の駅]、[おかあさん]と、リズミックでユーモアに満ちた言葉遊びであり、早口で朗読することが困難な[あいうえおうた]の4つの詩を選んで作曲しました。最初の3曲が比較的遅めのテンプで書かれているのに比べ、最後の[あいうえおうた]は、テンポが速く、高度な歌唱技術を要します。今回の作品は、このコンサートのために書き上げたものですが、若く将来性豊かな、湯川玲子さんと、神田麻衣さんの演奏で、どのような世界が展開されるか、楽しみにしています。

 みち 4

まよわずに
ひとすじに
とりたちはとおいくにへと
とんでゆきます

そらにも
めにみえぬみちがあるのでしょうか
そのみちをてらすのは
かすかなほしのひかりだけなのに

いそがずに
おそれずに
ちずもなくとりたちは
かなたへととおざかる
 海の駅

ぼくはもう飽きたのに
ぼくはもう要(い)らなくなったのに
ぼくはもう遊ばないのに

玩具(おもちゃ)の機関車がぼくを追いかけてくる

もう子供じゃないんだ
もう違う夢を見るんだ
もうひとりきりになりたいんだ

それなのにまだ間ぬけな汽笛を鳴らして
水平線にまで線路は続いているかのように

捨てちまうよ
海の中に投げこむよ!

----どうしてもそれはできない
 おかあさん

ぼくみえる
ひとしずくのみずのきらめき
ぼくきこえる
ひとしずくのみずのしたたり
ぼくさわれる
ひとしずくのみずのつめたさ

おかあさん
ぼくよべる
おかあさーんって

おかあさん
どこへいってしまったの?
ぼくをのこして
 あいうえおうた

あいうえおきろ
おえういあさだ
おおきなあくび
あいうえお

かきくけこがに
こけくきかめに
けっとばされた
かきくけこ

さしすせそっと
そせすしさるが
せんべいぬすむ
さしすせそ

たちつてとかげ
とてつちたんぼ
ちょろりとにげた
たちつてと

なにぬねのうし
のねぬになけば
ねばねばよだれ
なにぬねの

はひふへほたる
ほへふひはるか
ひかるよやみに
はひふへほ

まみむめもりの
もめむみまむし
まいてるどくろ
まみむめも

やいゆえよるの
よえゆいやまめ
ゆめみてねむる
やいゆえよ

らりるれろばが
ろれるりらっぱ
りきんでふけば
らりるれろ

わいうえおこぜ
おえういわらう
いたいぞとげが
わいうえお







 前のページ「公開 YouTube 音と影像」に戻ります。